縛りなしワイファイ申し込み後WiMAXの端末が届いたら

縛りなしwifiワイマックス

 

 

縛りなしwifiでは原則として端末を指定することができません。

 

つまりランダムに送られてくるわけですが

 

あなたのお住まいの地域でサービスエリアの問題があるようなら
申し込み後のリクエストは可能となっています。

 

縛りなしwifiではソフトバンクエリアと
UQワイマックスエリアでネットが使える端末がありますので

 

事前のエリア確認をしっかり行って申し込むことが大切ですよ。

 

 

WiMAXの端末が届いたとき知っておきたいことは

縛りなしwifi端末

 

 

ワイマックスの端末ではデフォルトでハイスピードモード
オプションでハイスピードプラスエリアモードが利用できますが

 

ハイスピードプラスエリアモードのau4GLTEを利用した場合
別料金として1,005円(税抜)請求されちゃうんですね。

 

ハイスピードプラスエリアモードとは

 

ハイスピードモードでネット接続ができない地方に
行ったときなどLTEで接続できて便利なのですが

 

ただしオプション料金がかかっちゃうわけです。

 

モードの切り替えが自動で行われることはなく
かならず手動(タップ)で行わないと切替できないシステムですが

 

万一使った場合は別料金が請求されますので把握しておいてください。

 

また、ハイスピードプラスエリアモードには月7ギガの通信制限があります。

 

月7ギガの通信量を超えると当月末まで速度が128kbpsに制限

 

さらにハイスピードプラスエリアモードで制限がかかると
デフォルトのハイスピードモードも低速制限されますから

 

月末までネット接続が難しい状況になっちゃいます。

 

この理由で制限がかかっても端末の交換とか
制限解除はできないシステムになっていますから

 

WiMAXの端末が届いた場合オプションの
ハイスピードプラスエリアモードは利用しないようにしましょう。

 

ハイスピードモードのWiMAX 2+のみ利用してください。

 

サービスエリア的にはソフトバンクの方がつながりやすいので
WiMAXのエリア判定でエリア外や△と表示されたなら

 

申し込み後ソフトバンク用の端末を依頼しておいてくださいね。

 

縛っちゃうプランは端末にソフトバンク用の新品が届くので
別料金がかかる心配はありませんけどね。

 

 

 

このページの先頭へ戻る